一戸建て住宅を購入する前に知っておきたいこと

中古一戸建て住宅のメリット

 一戸建て住宅を購入する選択肢の1つに、新築ではなく中古物件を選ぶ方法もあります。中古住宅の場合は、少なからず経年劣化が考えられるためその分価格は安くなりますが、生活に支障となる重大な欠陥があると後悔してもどうにもなりません。信頼や実績を考慮して、大手ハウスメーカーが建築した中古住宅を選ぶことも多いでしょう。

 大手ハウスメーカーが建築した中古住宅は、転売や売却をする場合に同じような条件の物件よりも価格が高くなりやすく、住宅としての基本的な性能が高いという魅力があります。そのほかにも、重大な建築上の欠陥があるとは考えにくい、ハウスメーカー独自の保証がある、などのメリットが考えられるでしょう。

 特に居住目的で中古住宅を購入する場合には、住宅としての基本的な性能が高いことは重要なポイントとなります。断熱や空気の流れ、耐震設計など、大手ハウスメーカーならではの先進的な技術が駆使されていることが多いのも魅力です。
 基礎工事や内部構造を確認しにくい中古住宅であるため、ハウスメーカーのネームバリューは大きな信頼にもつながります。ただし、その一方で、購入する際の価格が同じような条件の物件よりも割高である、構造や工法の安全性を確認しづらい、などのデメリットもあるため、慎重に検討することも大切です。